~ 任意売却について ~

任意売却と通常の売却の違い

任意売却の物件は通常の物件ではありません。
住宅ローンを滞納していたり、差押えが入っていたり、競売にかかっているときもあります。
通常の物件より、状況や権利関係が複雑になっています。もちろん一般の不動産業者でも売買することは可能です。
しかし、一般の不動産業者が普段扱っている交渉相手ではない、金融機関や金融会社が交渉相手になります。
そして、これらの金融機関との交渉する際の条件も違い、通常の不動産と任意売却の不動産とでは、契約内容も価格も違います。
そうなると、任意売却の物件の処理は、一般の不動産業者では処理できないケースも出てきます。
だからこそ、任意売却の物件は任意売却専門業者に依頼することが最善です。

任意売却のメリット

任意売却 3 つのメリット

1...引越し時期を相談できる
競売の場合、引越し先が無くても指定期日までに立ち退きしなければなりません。
しかし、任意売却の場合は退去日を買主様とご相談することができ、売主様のご都合も考慮して引越することが可能です。
※競売:債権者により不動産を強制的に売却されてしまいます。その場合、相場よりも安い金額で売却されます。


2...売却後の残債の支払いも柔軟に対応できる
法的整理を行わない限り、基本的に債権者はその残債務を放棄することはありませんので、完済するまで払い続けなければなりません。
但し、任意売却で不動産を処分した後は、月々可能な額の支払いに応じてもらえる場合が多いのです。


3...延滞状況や個人情報を知られることなく売却できる
競売になると新聞やインターネット等で公告され室内の写真をはじめ管理費等の滞納状況・家族構成等たくさんの個人情報が人目に晒されます。
しかし任意売却の場合はあくまでも【一般的な売買】のため、滞納状況や個人情報が漏れることはありません。

お問い合わせ

  • 画像リンク

    会社概要

  • 画像リンク

    スタッフ紹介

  • 画像リンク

    アクセス情報

物件検索

マンション

沿線から探す
エリアから探す